―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

弟子の夢は破れない

「ドラマ」は好きかな?嫌いかな?いろいろ感じ方があるかもわかんないけど、それほど悪いものじゃないよね、「手品師」は。そう感じたりしない?
トップページ >

ページの先頭へ

雹が降った日曜の昼は椅子に座る

随分久しぶりの地方への出張の当日、初めて業務で一緒に過ごしたAさんは、体の大きな人だ。
初めてお会いした時から気難しそうでプラーベートな会話はちょっとだけしかしたことがなかった。
先日、ふとAさんの半袖になった腕を拝見して驚いた!
大粒のパワーストーンブレスがいくつもつけられていたため。
気付いたら、天然石好きなんですね!と出てしまったほど。
次の瞬間Aさんは得意げに、いきなりやさしい顔で、それぞれのストーンの名前を話してくれた。

一生懸命ダンスする子供と擦り切れたミサンガ
石田衣良さんという物書きに魅せられたのは、愛ちゃんの家で。
愛がいない部屋というタイトルの短編が詰まった小説が机に置いてあったから。
地元の福島の母が読んで、それを米や商品券と一緒に箱詰めにして宅配便で送ってくれたという。
その時はまだまだ名前の知れていなかった石田衣良さん。
愛ちゃんはいつもエッセイや経済、ファッション誌などは読む。
反対に、所謂ライトノベルは気に入らないらしく、愛がいない部屋を私にくれた。
愛のママはどんなことを思いながら、石田衣良さんのこの本を手に取ったのだろう。

天気の良い大安の晩に目を閉じて

台湾出身のビビアン・スーは、美人で努力家で才能ある人だと思う。
すでに30代も後半なんて、まったく思えない。
過去に見ていたテレビで、脳裏に焼き付いているのが、ビビアン・スーが、英語のインタビューにアンサーしていた部分。
まだまだ学習中のようだったけれど凄く一生懸命だった。
今となっては英語も日本語だって、しっかり話せるんじゃないかと思う。
ビビアンの素敵さは目を見張る位なのだ。

陽気に吠える母さんと季節はずれの雪
前から知っていたけど行ったことはない、だけど、しかし、暗くなってからの動物園は、夜に動く習性の動物がめっちゃ活動的で観察していて満足できるらしい。
知ってはいても、日が暮れての動物園は見に行ったことがないけれど、娘がもうちょっと怖がらないようになったら見てみようと思う。
もうちょっと大きくなったら、間違いなく、娘もはしゃいでくれると思うから。
ふだんの動物園と違う気配を自分も家内も少しは経験してみたい。

泣きながら歌う彼女と花粉症

明日香は、学校ですぐに親しくなった親友だ。
彼女の魅力的なところは、受け入れの幅が広くて、細かい事はどうでもいいという寛大さ。
私から仲良くなりたいと言ったそうだが、覚えていない。
一緒にいると、ほとんどの事がシンプルになるので、とっても楽に生きれる。
シャープな印象でスレンダーなのに深夜にハンバーグを注文しに車を走らせたりするらしい。

曇っている木曜の夕方に目を閉じて
このところ、娘が公園で遊びたがらない。
蒸し暑いからか、部屋で遊べるものがものすごく増えたからか。
わずか前までは、めちゃめちゃ外に遊びに行きたがっていたのに、ここ最近は、多少でも出かけたがらない。
まあ、父親から見て、そんなに困ることもなく、気にしないがのだけれど妻は多少でも考えている。
けれど、暑くてきつい場所で遊ばせるのも心配だ。

熱中して話す姉ちゃんと季節はずれの雪

夏季で催しが大変たくさんで、このごろ、夜分にも人の行き来、車の通りがめっちゃたくさんだ。
へんぴな所の奥まった場所なので、通常は、晩、人の往来も車の往来もまったくないが、打ち上げ花火やとうろうなどが行われており、人の行き来や車の往来がめっちゃ多い。
ふだんの静寂な晩が邪魔されてわりかしうるさいことがうざいが、ふだん、エネルギーが僅少なへんぴな所がエネルギーがでているように見えるのもまあいいのではないか。
近隣は、街灯も無く、小暗いのだが、人の行き来、車の往来があって、活況があると陽気に感じる。

息もつかさず熱弁する兄さんと冷めた夕飯
旅行でも仕事でも、韓国に行く機会が多い。
中でも、博多港からすぐ行けるプサン。
観光ももちろんだが、女の人は化粧品や服など興味を持っている人も多いと思う。
この国では外見、つまり自分磨きへの情熱は強い。
面接や、お見合いの際に、日本に比べてあからさまに判断される傾向が多い。
そんな傾向から、韓国のスキンケアなど、美容に効果抜群の成分が、日本の物より多く含まれている。
なので、合う合わないは出てくるものの、使用後は期待してしまう。

息もつかさず体操する家族と観光地

海辺に自分たちは、住んでいるので、地震津波を両親が不安に思っている。
特に震災後は、海からどれくらい離れているのかとか地理的に高い場所はそばにあるのかとかもの言う。
私も不安だけど、しかし、要領よく金額的にいける賃貸も見つかるわけではない。
しかしながら、実際に高潮がくるとなってしまった時に避難する道のりを決定していないといけないと思う、しかし、海の横しか道がないので、しっかり想定してみたら危ないと思った。

自信を持って自転車をこぐあいつと穴のあいた靴下
私は昔から、肌がそれほど丈夫でなく、ちょっとしたことでかぶれる。
それもあるし、ボディーシャンプーの素肌にこびりつく使用感が気に入らない。
しかしながら、真冬は思いっきりしっかり乾燥するので、無添加のケア用品を愛用する。
この製品の驚くべき点は、価格設定がとても高く、買うのに勇気がいるところだ。

サイトメニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サイトメニュー

Copyright (c) 2015 弟子の夢は破れない All rights reserved.