―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

弟子の夢は破れない

「カマイタチ」のことを特別に思っている人って、どれくらいいるんだろう。昔の体験や先入観とかそんなのが、「オムライス」と結びついちゃうことも、無きにしも非ずと思うんだ。
トップページ >

ページの先頭へ

怒って走る母さんと俺

先日梅雨が明け、今日蝉が鳴いているのを聞いて、少年は「今年も夏になったなぁ。」と感じた。
夏休みを目前に控えた休みの日の午前中、少年は縁側に座ってアイスクリームを舐めていた。
軒下では風鈴がときどき小気味いい音を立てていた。
朝から日が強く、日光が少年の座った足を焦がしていた。
少年は半ズボン姿だった。
汗が顔を伝って流れ、アイスも溶けて垂れてきた。
少年は、近くの市民プールのオープンを楽しみにしていた。

前のめりで歌う母さんと暑い日差し
家の前の庭でハンモックに揺られ、心地良いそよ風に身をゆだねていた、休日の午後の事。
空には飛行機雲が一筋走っていた。少年は、うちのネコが「ギャニャァッ!」と吠える声に仰天して、ハンモックからドテッと落下してしまった。
よく観るとネコはヘビと対面し、全身の毛を逆立てて唸りながら威嚇していた。
蛇はそれほど大きくは無く、毒も持っていなさそうだったので、少年は小枝を振って追い払い、ネコを抱きかかえて再度ハンモックに横になった。少年は、ネコの背中をなでてやりながら胸の上で寝かせ、気持ちの良い風に身をゆだねた。

前のめりで走る兄弟と飛行機雲

今更ながら、中学生のころから高校生まで心から学ぶという事をしていなかった。
周りが必死で勉強していても、自分は宿題として出された事をなんとなくやるといった感じだったと思う。
それでも、短大に入学してから私の好奇心をそそる分野の勉強に変わると、内容がどばっと入ってくるようになった。
その後、社会に出て、研修期間の勉強を過ぎて責任のある業務になると、今度は何も言わずに勉強せざるを得なくなった。
やりたくないなんて考える時間もなく、とにかく学ぶ日々が続いた。
このような生活をしばらく体験すると、急に学生時代に真面目にしなかった勉強を見直したいと思うようになった。
現在では、同じように考えている人が当時のクラスメイトに何人もいる。

息もつかさず歌う父さんと枯れた森
久しぶりに、麻衣子と明日香と旅に行きました。
2人とも、私が通っていた専門学校の同級生で、一緒に学んだ仲間です。
しかも、勉強していたのが旅行業と、英検だったので、旅が趣味だという学生たちでいっぱいでした。
その中でも、麻衣子と明日香を含む仲良し6人で色々なところへ旅をした思い出は懐かしい。
私はもともとそれほど仲のいい友人が多い方でもないし、しかもそれで良いと思っています。
という事で、単純に嬉しい言葉だけど、すぐ隣で麻衣子が満足しているような雰囲気だったのも私のツボでした。

ゆったりと走る友達と枯れた森

此の程、お腹周りのぜい肉を増やさない様にと思い毎晩、筋トレを頑張っている。
2歳の娘を自らの足元にのせて一から声を出し数えながら筋トレを行っていたら、家族との遊びにもなって、子供も数を覚えるし、私のみにくいぜい肉も減るし、いいことずくめだと思っていたら、始めは、きゃっきゃ言っていた子供もすぐにあきてしまった。

無我夢中で跳ねる君とオレ
なぜか情緒不安定な感じに浸ってしまい、少しも楽しくなかった。
特に原因がないし、なぜか悲観的になったり、今までの事が無意味に思えた。
そんな心持だったけれど、外での仕事が舞い込んだ。
コンテンツはビッグな外でのイベントごとで、大手の案件だった。
このままではいけないと思い無我夢中で集中しているうちにいつもの軽い気分戻ってきた。
後で思うとあの時は外出して太陽の光を浴びたりしなかったんじゃないか。
夜型にならないで活動するのも良い事かもしれないと感じた。

気どりながら話す友達と夕立

御盆でも故郷から離れて定住しているとあまり実感することがないが、少なくとも、お供え物くらいはと思い里へ送った。
里に暮らしていたら、香を持ち先祖の歓迎に出向いて、御盆の幕引きに送り届けにおもむくのだが、別れているので、そういうふうに実行することもない。
近所の人は、線香を手に持って霊前に向かっている。
そういう姿が目にとびこむ。
常日頃より墓所の周りには様々な車がとまっていて、人もとてもたくさん視認できる。

怒って踊る兄弟と横殴りの雪
テレビを眺めていたり人ごみに行くと美人だな〜と思える人はたくさんいる。
顔立ちは、標準的な美人とは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
個人の雰囲気は、本人の内側かもしれない。
結構大きいと思う。
私が注目しているのがミュージシャンの西野カナさんだ。
コンサートに行って初めて質疑応答を受けている姿を見た。
女性らしい!と考えずにいられない。
ベビーフェイスに、体格も丁度いい感じ、淡い色が凄く似合うイメージ。
話し方がおっとりしていて、名古屋弁なのもポイントがアップ。
CDは割と聞くけれど、これを見てからもっとファンになった。

雨が降る金曜の朝にひっそりと

ここ最近のネイルスタジオは、3Dアートなど、非常に高い技が駆使されているみたいだ。
ちょっとだけサービスのある招待券をくれたので行ってみた。
かなり、色やシンプルさに関して、優柔なので、決定するのに時間がかかった。
親指だけ特別にアートをしていただいて、感動しご機嫌になった。

前のめりで熱弁する姉ちゃんと夕立
今日は少年は、学校の給食当番だった。
帽子とマスクを着け、白い割烹着を着て、他の給食係のみんなと、本日の給食を給食室へ取りに行った。
今日の主食は、ご飯ではなくパン。
バケツみたいに大きな蓋付きの鍋に入ったシチューも。
少年は、一番重たい瓶入り牛乳だけは、男の子が運ぶべきだろう、と思っていた。
クラス皆の分だから38本ある。
なので自分が、バットに入った瓶入り牛乳を持ったけれど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持って運んでくれた。
重たい牛乳を女子に持たせたくはなかったけど、同じクラスで気になっているフーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思ったので、少年はちょっとドギマギしながら、何も言わずに2人一緒に牛乳を持って行くことにした。

お役立ちサイト・関連サイトの紹介です。


一人暮らしの引っ越し料金を比較
一人暮らしの引越し、安く済ませたいならココ。無料一括見積比較で、複数の引越し会社さんの金額を比較しよう。
40代薬剤師の求人.com
薬剤師の求人を見つけるならコチラがお勧めです。転職を考えている薬剤師、求人情報を探している薬剤師さんにもってこいサービスがあるんです。

サイトメニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サイトメニュー

Copyright (c) 2015 弟子の夢は破れない All rights reserved.